このところのベース事情

ぼくがベース弾いてるのを見た方は、ピック弾きしてるところしかないと思います。4弦バリトンギターとしていろんなフレーズ弾くには、ギターの延長上としてピック使う方がプレイしやすいので。

だけど、本来のベースとしてオーソドックスに弾くのもちゃんと好きで、うちでは指弾きなんですよ(マジ)。ただぼくの場合、2フィンガーの指弾きでは、中指主導になりがち。ギターのときに「ピック+中指」という奏法を頻繁に使うからかもしれません。

で、その調整に最適なのが、ロッド・スチュワートのヒット曲 "I'm Sexy"のベース。オクターブ違いの音程を「ドータタ・ドータタ~」とシンプルにくり返すパターンなのですが、これがなかなかのクセモノで。
https://youtu.be/OIlHt_syoSE

このフレーズだと、右手ピッキングの指順を「人ー人中・人ー人中~」で弾くしかなくなります。中指から弾き始めるクセのある人にとって、これはすごくいいトレーニングになるのです。意地をはってその他の指順で弾こうとしても、そう簡単にはきれいに弾けないですから。

こういった運動系のトレーニングは、テレビ見ながらとかであったとしても、それなりに効果が上がるのもウレシーところ。そういえば…、この曲がヒット当時、これを高校時代のバンド仲間が楽々とこなしていてタマゲたものです。彼(西川サトシ)はその後、関西でプロのジャズマンとして活躍していますw

この記事へのコメント